ペーパードライバー 茨城県内どこでも出張いたします! 運転不安解消 ペーパードライバーの為のドライブ・サポート『運転塾』
運転塾とは プラン案内 スタッフ紹介 お客様の声 お知らせ
事業内容 交通安全 リンク 加入保険 お問い合わせ


[ 運転塾と教習所の違い ]

ペーパードライバーから脱出するには 地理的安心感・マイカーでの運転が大切です。
特に、これから行きたい場所へのシュミレーション出来る事にご好評頂いております。

起業以前の検定員時代に、出来たらいいなと思っていたサービスです。
(平成19年から営業し 数々のご意見をまとめましたので参考にして下さい。)





お客様の生活圏で練習できます


ご希望場所やご希望練習内容が一番と考えています。
最初は、交通量の少ない団地や造成地などを事前に下見し
そこでハンドルや車両感覚を練習してレベルに合わせて進めていきます。

ご自宅の車庫 利用する商業施設 病院 駅前 職場
などを実際の生活圏での練習が一番重要です。
その地域の重要危険箇所などお話できたらと思います。

ペーパードライバー以外の方にも高速練習サポートいたします。

練習車は、補助ブレーキ付きで安心(日産ノート)社名無しで目立ちません。
当然、マイカー練習も可能です。
マイカーでの練習は、お一人で運転する際の不安解消に大きくつながり
駐車の練習もマイカーが一番です。

特に、男性のお客様からは いまさら自動車学校へ行くのは…
と思っていたから助かったとの声もあります。


自動車学校周辺で今後走ることの無い場所での練習がメインです。

基本的に、学校周辺の決まった範囲という制約があります。

教習車で商業施設や病院などでの練習は出来ないです。

学校の駐車練習は、学校の駐車場での練習や校内のポールの間に駐車です。

高速練習講習は受け付けていないです。

マイカー練習は不可です。

また、担任制のところもありますが
基本その都度指導員が変わりますので受講者の運転状況レベルの把握が難しいです。





時間が有効に使えます。


送迎は、ご自宅やご希望場所にお迎えに参りますので
直ぐに練習開始で時間を有効に使えます。

練習直前までお子様とご一緒 家事やお仕事が可能です。
練習終了後も、ご自宅ご希望場所での終了も承ります。
例1・・・お迎えは自宅で 終了はお仕事先(逆パターンもあります)
例2・・・お迎えは外出先で 終了はご自宅(逆パターンもありあす)
 ※今までの一部の例です。ご相談ください。

1単位60分で、長時間運転にならないよう小休憩(他車の観察など)や
昼休憩をご自宅でお休み頂き 1日2時間(120分)〜6時間(360分)
お客様のご希望で練習することが出来ます。
※休憩時間は、料金はかかりません。


定期送迎バスは、ご自宅から指定乗り場までの移動及び送迎バスで移動です。

最近は、自宅送迎もありますが他の教習生宅を廻りながら移動がほとんどです。
それ以外は、ご家族の送迎か 公共機関利用(自己負担)です。
また帰りにも、送迎待ち移動時間がかかります。

1単位50分で、その都度学校に戻り10分の休憩をはさみ 再度学校から出発。
練習時間は、自動車学校(教習所法令)は1日2時限(50分+50分)です。





手続きがスムーズ あったらいいなサービス


入学金・出張料(県内)など 実質練習料金以外は不要です。

県外の方には、予め出張料金のご説明・了解を得てからのご予約です。

料金の比較は、各学校様によりさまざまです。
1時間(60分)1時限(50分) 練習内容の制約 送迎など を考慮して
お客様にご判断・ご検討頂ければと思います。
※一部 入学金(手数料)写真 事前訪問手続きがある自動車学校もあるようです。

運転塾はメール・電話ご予約いただけます。
車内・社外清掃はもちろん プラズマクラスター空気清浄機車載
除菌スプレー・ハンドル周りの除菌清掃は 毎回行っております。

練習車の任意保険は、万が一に備え最高レベルの保険に加入対応しております。
※練習前に証書原本をご提示し ご確認頂きます。


[ 最後に ]
自動車学校様は、公安委員会の管理の下「教習所関係法令」その他 に沿って
運営が義務づけられて、運転免許取得者認定講習 1号課程(ペーパードライバー講習)に
当てはめるのが基本であり、練習時間も指定される事もあります。

ですから、数々の制約が出てきます。

初心者教育がメインですし 講習との線引きがされているからこその制約で個々の
自動車学校様の問題ではありません。

ペーパードライバーの方は、専門の「運転塾」で
運転免許取得は、自動車学校様で行うのが良いと考えます。

メールを送る